任意整理をした場合、生命保険などに影響は?


債務整理を行う場合、「現在加入している生命保険にも影響があるのか?」と不安に思っている方は少なくないでしょう。

この記事では債務整理をすると生命保険に影響があるのかについて解説いたします。

任意整理の場合

基本的に任意整理は加入している生命保険に影響しません。

さらに、任意整理をしたからといって、保険に入れなくなるということもありません。

個人再生の場合

個人再生で強制的に生命保険を解約されることはありませんが、解約しないと再生計画案が認められないこともあるため注意が必要です。

また、生命保険の種類が貯蓄型、掛け捨て型、低解約返戻金型のどれに当てはまるかで扱いが変わります。

貯蓄型と低解約返戻金の場合、解約した際に支払っていた保険料の一部が払い戻されるため、財産性が認められます。

そのため、個人再生では貯蓄型の返戻金を直ちに弁済資金に回されることはないのですが、最低限返済しなくてはならない金額に影響を与えます。

個人再生は債務者の資産によって最低弁済額が決まるので、解約返戻金の存在により債務者資産が増額します。

その結果、最低弁済額も増額することになります。

掛け捨て型の場合は解約返戻金がない為最低弁済額に影響はありません。

解約しないと最低弁済額が上がりますが、生命保険を解約する必要はありません。

また、再生計画で解約しないことが認められれば、保険契約の継続は可能となります。

しかし、再生計画で要解約とされている場合や解約した上でこれを弁済資金に回さなければ再生計画が認可されないという場合は生命保険は解約する必要があります。

自己破産の場合

自己破産の場合も個人再生と同様に、解約返戻金も本人の財産と判断されるので、20万円を超える解約返戻金は処分の対象になります。

解約返戻金が20万円を超える場合には、原則として解約する必要があります。

しかし、生命保険が掛け捨て型の場合や生命保険が貯蓄型で、解約返戻金が20万円未満の場合は解約する必要はありません。

学資保険、火災保険、自動車保険の場合は?

学資保険は、子供の将来の進学資金等のための保険です。

子供の保険とはいえ支払っているのが債務整理をする債務者だった場合は、債務者の財産となります。

学資保険は途中で解約すると、支払った保険料の総額よりは少ないですが、解約返戻金が戻ってくる為、貯蓄型の生命保険の取り扱いと同様に取り扱います。

火災保険の場合、賠償責任保険は、一般的に掛け捨てであるため、直ちに解約ということにはなりません。

自動車保険も火災保険と同様に掛け捨てなので、解約する必要はありません。

まとめ

保険は解約返戻金がある保険かどうかが、一つの判断基準となります。

また、実際に解約は必要なのか、保険会社から解約されてしまわないか、などは再生計画次第の部分もあります。

債務整理を弁護士に依頼する場合は、初回相談の際に生命保険に加入していることなども伝えて、解約の必要があるか否かについて話しておきましょう。

ページ上部へ戻る