借金の一本化 おまとめローンと債務整理どっちがいい?


多重債務の返済が困難な場合、おまとめローンか債務整理どちらかを検討する人は多いと思います。

できるだけデメリットが少ない方を選びたいですよね。

この記事では、おまとめローンと債務整理のメリット・デメリット、多重債務を最善な方法で完済するにはどちらがふさわしいか、について解説していきます。

おまとめローン、債務整理とは

おまとめローンとは、複数業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。

複数の借り入れを今の金利よりも低い金利で新たな借り入れを行い、返済先を1社にまとめます。

借り入れ残高を1本にまとめることで、返済の負担を軽減できる可能性があります。

一方債務整理は、債務を整理する事で、金利をカットしたり、債務そのものを減らしたりカットしたりすることができます。

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類があります。

おまとめローンと債務整理のメリットデメリット

おまとめローンのメリットは、借り入れ先を一本化することで毎月の返済の管理がしやすくなり、現状より金利を抑えられるという点が挙げられます。

個人信用情報機関に登録される心配もありません。

デメリットは、それほど金利が安くならないことが多い点です。

金融機関は、貸し倒れリスクの高い債務者に高い金利で貸付をする為、多重債務を抱えた債務者には高い金利での貸付になります。

また、保証人を要求されたり、公正証書の作成を求められる等、状況の悪化を伴うことが多いです。

一方債務整理のメリットは、債務の返済額が確実に下がる点が挙げられます。

任意整理、特定調停では引き直し計算をして、払い過ぎていた利息や将来払う予定だった利息をカットすることが見込めます。

個人再生では、債務そのものを減らしたうえで余裕を持って3年〜5年をかけて返済していくことができます。

自己破産では破産申告を裁判所に受理してもらう事で、債務自体をゼロにすることができます。

デメリットは、個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことです。

事故情報が載ると、クレジットカードの新規契約や、ローンを新たに組めなくなります。

しかし、時間が経てば事故情報は消えるのでご安心ください。

また、自己破産をした場合は、20万円以上の価値を持つ財産が没収されるデメリットもあります。

多重債務の返済を確実に楽にできるのはどちらか

債務整理は、多重債務の返済を楽にすることができる一方で、おまとめローンは詐欺まがいの契約をさせられる危険性があります。

債務整理は国が作った法的な救済措置ですので、確実かつ安全です。

基本的に債務整理は、手続きや必要書類が多いため弁護士や司法書士に依頼して進めていきます。

弁護士費用が払えるか心配な方もいると思いますが、依頼した時点で督促が来ないようにしてくれますので、手続き中に債務の返済がなくなります。

これまで返済に充てていた部分を弁護士費用に充てることが可能です。

まとめ

おまとめローンはお得なように見えて、実はまとめる前の状態と変化がないことの方が多いです。

しかし、債務整理では確実に返済額を減らすことができます。

個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまう点がデメリットですが、一定期間経てば消えますのであまり心配はいりません。

多重債務でお困りの方は、弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

ページ上部へ戻る